• PROJECT
  • プロジェクト
ブランディング
  • ブランディングとは何か?

    ブランディングとは、顧客ニーズを見つめ、自社の強み・弱みを洗い出して、自社だけが提供できる価値(ブランドコンセプト)を明確にすること。
    そして、そのブランドコンセプトを、理性的なコミュニケーションであるブランドメッセージと感性的なコミュニケーションであるブランドデザインに込めて発信することです。結果として、社員には自信と誇りを与えることで的確な行動を促し、市場からは、固有の価値を提供するブランドとして認知され、理解され、信頼され、好意を獲得することができ、飛躍的な業績向上を実現します。

  • なぜブランディングが必要なのか?

    ブランディングが必要になった背景は、技術の平準化により、商品やサービスが持つ基本的な差がなくなったことと、インターネットの普及によりお客様の情報収集力が飛躍的に高まり、ブランド比較が容易になったことがあげられます。
    また、「モノからココロへ」という意識の変化をベースに、そのブランドが持つ思想や物語、そして感性的なイメージなど、心理的な価値を非常に重んじるようになったことも、背景と言えます。これからは、お客様の心の中のシェア(マインドシェア)を大きくすることが求められています。

  • ブランディングの基本プロセス

    トップヒアリング
    全社員アンケート
    ▶︎ ブランドコンセプト
    開発
    ▶︎ ブランドネーミング
    開発
    ▶︎ ブランドメッセージ
    開発
    ▶︎
    ブランドデザイン
    開発
    ▶︎ ブランディングデザイン
    アプリケーション開発
    ▶︎ ブランディングブック
    開発
    ▶︎ ブランドコミュニケーション
    実施
マーケィング
  • マーケィングとは何か?

    通常マーケティングは、4P(Product=製品、Price=価格、Promotion=プロモーション、Place=流通戦略)と3C(Company=自社、Customer=顧客、Competitor=競合企業)で語られます。しかし多くの本で語られているマーケティングは、その理論と体系の説明で、マーケティングそのものの本質的な要諦は語られておらず、その目的も売上げを上げるという、至極当たり前の捉え方です。 弊社では、マーケティングを、「売れるための仕組みづくり」と定義し、誰でも、どの商品でも、いつでも売れるというシステム構築をいたします。マーケティングの構築は、最小の費用で最大の効果をあげる必須の戦略です。

  • なぜマーケティングが必要なのか?

    「昔はチラシを撒けば、それなりに集客できたのに、最近はさっぱり。時代が変ったのかなぁ?」、「営業のAがいいと、Bがダメ。稼ぎ頭だったCも最近はさっぱり」。こんな悩みを抱える経営者は少なくありません。簡単な戦術で売れる時代ではなくなりました。刹那的な戦術の繰り返しは最大の浪費です。 適切なセールスステップを設計し、オファー(提案)とツール(チラシやパンフやトーク等)を用意し、お客様を気持ち良く購入に導く…。このステップとオファーとツールを、システム(仕組み)として標準化することで、貴社の販売力は劇的に改善されます。

  • マーケティングの基本プロセス

    3C(自社・顧客・
    競合企業)分析
    ▶︎ 現状のマーケティング
    分析
    ▶︎ マーケティングの
    コンセプト開発
    ▶︎ 売れるための
    3つの方法・理解
    ▶︎
    マーケティング
    全体設計開発
    ▶︎ マーケティング
    詳細設計開発
    ▶︎ マーケティング
    始動計画開発
    ▶︎ マーケティング
    開発
    ▶︎ マーケティング
    始動
ブランディング
  • ブランディングとは何か?

    ブランディングとは、顧客ニーズを見つめ、自社の強み・弱みを洗い出して、自社だけが提供できる価値(ブランドコンセプト)を明確にすること。
    そして、そのブランドコンセプトを、理性的なコミュニケーションであるブランドメッセージと感性的なコミュニケーションであるブランドデザインに込めて発信することです。結果として、社員には自信と誇りを与えることで的確な行動を促し、市場からは、固有の価値を提供するブランドとして認知され、理解され、信頼され、好意を獲得することができ、飛躍的な業績向上を実現します。

  • なぜブランディングが必要なのか?

    ブランディングが必要になった背景は、技術の平準化により、商品やサービスが持つ基本的な差がなくなったことと、インターネットの普及によりお客様の情報収集力が飛躍的に高まり、ブランド比較が容易になったことがあげられます。
    また、「モノからココロへ」という意識の変化をベースに、そのブランドが持つ思想や物語、そして感性的なイメージなど、心理的な価値を非常に重んじるようになったことも、背景と言えます。これからは、お客様の心の中のシェア(マインドシェア)を大きくすることが求められています。

  • ブランディングの基本プロセス

    トップヒアリング全社員アンケート
    ブランドコンセプト開発
    ブランドネーミング開発
    ブランドメッセージ開発
    ブランドデザイン開発
    ブランディングデザインアプリケーション開発
    ブランディングブック開発
    ブランドコミュニケーション実施
マーケィング
  • マーケィングとは何か?

    通常マーケティングは、4P(Product=製品、Price=価格、Promotion=プロモーション、Place=流通戦略)と3C(Company=自社、Customer=顧客、Competitor=競合企業)で語られます。しかし多くの本で語られているマーケティングは、その理論と体系の説明で、マーケティングそのものの本質的な要諦は語られておらず、その目的も売上げを上げるという、至極当たり前の捉え方です。 弊社では、マーケティングを、「売れるための仕組みづくり」と定義し、誰でも、どの商品でも、いつでも売れるというシステム構築をいたします。マーケティングの構築は、最小の費用で最大の効果をあげる必須の戦略です。

  • なぜマーケティングが必要なのか?

    「昔はチラシを撒けば、それなりに集客できたのに、最近はさっぱり。時代が変ったのかなぁ?」、「営業のAがいいと、Bがダメ。稼ぎ頭だったCも最近はさっぱり」。こんな悩みを抱える経営者は少なくありません。簡単な戦術で売れる時代ではなくなりました。刹那的な戦術の繰り返しは最大の浪費です。 適切なセールスステップを設計し、オファー(提案)とツール(チラシやパンフやトーク等)を用意し、お客様を気持ち良く購入に導く…。このステップとオファーとツールを、システム(仕組み)として標準化することで、貴社の販売力は劇的に改善されます。

  • マーケティングの基本プロセス

    3C(自社・顧客・競合企業)分析
    現状のマーケティング分析
    マーケティングのコンセプト開発
    売れるための3つの方法・理解
    マーケティング全体設計開発
    マーケティング詳細設計開発
    マーケティング始動計画開
    マーケティング開発
    マーケティング始動