• 一勝九敗から学ぶ、事業成功の鍵とは?
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.424バックナンバー 2020.10.05

ユニクロの柳井さんの「一勝九敗」は

有名な著書なので、読んだ方も多いと思う。

その中に、こんな記述がある。

『ユニクロ1号店に込めた思いは、

販売員がしつこい接客をすることがなく、

質問されたり依頼された時だけ

きちんと答える。作業しやすいように

エプロンをつけ、誰が販売員か

すぐにわかるようにする。

これが買う人の立場で店を作ると言う事、

それが「買いたくなる店」

「よく売れる店」につながると考えた。』


『既存のファッション企業のように

ファッション至上主義に

偏っていても成長できない。

洋服はファッション性のある

工業製品なので、どちらかに

偏りすぎてもいけない。

機能とファッションのせめぎ合いが、

当社の1つの原動力になれば

良いと考えている。』


やはり、コンセプトが秀逸なのである。

ファッション性や縫製などの質に向かわず、

当然、価格的な優位性だけにも行かず、

独自の価値提供を心がけた…………。


非常に参考になる視点です。


※以下、PRです。

しばらく控えていた

「ブランディングセミナー」を

再開してます。

それもZoomオンラインで!

もちろん無料。

営業や売込みは一切しません。

Facebook投稿から

この1ヶ月で5件の申込みが

ありました。

お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ・お申込は、

bmp@f-l-e-x.co.jp