• クラウドファンディングにトライしませんか?
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.392バックナンバー 2020.01.28

最近、地方でもクラウドファンディングを
実行する個人・法人が増えてきた。

先日もある方から相談があり、お話を伺った。
なかなか面白く魅力的な考え方で、可能性は感じた。

しかし、第三者にせいぜい2,3分の接触で、
興味を持ってもらい、サイトをじっくり読んでもらい、
共感や先行投資価値を感じて貰うのは、とても難しい。

細かい所はともかく大きな所で掴まないと、
短時間で同意は得られない。
リターンの小さな差ではないのである。

商品ならその商品のコンセプト。
iPhoneの電話の再発明のようなシンプルで強い
コンセプトがないと、アピール出来ないし、
記憶にも残らない。

サービスなら、何故そのサービスをするのかという、
理念や哲学に対する共感・共鳴が必須である。

これがなかなか難しく、素人には不可能に近い。
つまり、ブランディングが必要なのである。

心優しく優秀なクリエイターが必要だ。
しかし、優秀な人に頼めば、
当然数十万は請求されるだろう。

そこで、いいことを教えましょう。

その方々を、ファンにすることです。
想いを語り、自分の力だけではなんともならない
ことを切々と伝えたら、

「応援しますよ!」と言う言葉をじっと待つのである。
決して、自分からお願いします!とは言わない。

そうすれば、何十万がゼロになる! 

こともある。(笑)

それでは、今日はこの辺で!