• どこに頼むかで成果が激変します!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.384バックナンバー 2019.11.26

こんにちは、山西です。
朝起きるとまだ、真っ暗ですね。(5時頃です)
夏の朝の日差しが懐かしい今日この頃です。

さて今日は、
今日はクライアントさんの立場から、
効く広告づくりを考えてみましょう。

ある程度の予算をかけて広告を打つ場合、
ほとんどの会社は、広告代理店とか
デザイン事務所とか印刷会社などに

広告づくりを頼むのが普通だと思います。

その時に、相手の力量を判断する場合の
ポイントを3つほど上げてみましょう。

●依頼に対して質問をしてくるかどうか?

簡単な説明で広告をつくることは、
ありえません。
いろいろと確認すべきことがあります。
何も聞かずに出来上がる広告はボヤントして、
まず効果はありません。

●指示や条件に反対意見を言うかどうか?

チラシの依頼に対して、目的からすると
TVCMをやるべきだとか、そもそもから
意見を言うところはある程度力があり、
誠意もあると判断できます。

●出来た広告案を説明は、Why中心かどうか?

単なるデザインの解説になっていないか?
お客様の反応を考え何故この案なのか?
を説明出来ているか?出来ていないのは
効果を考えていない証拠だと言えます。

もう少しありますが、
上記の3つで判断すればいいと思います。

それでは、今日はこのへんで。