• 限定3社の特典あります!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.383バックナンバー 2019.11.19

こんにちは、山西です。
寒くなって来ましたねぇ。
風邪などひかぬようご注意下さい。

さて、今日はブランディングの話です。

ブランディングにとって、
ビジュアル(ロゴマークなど)の大切さは、
今更言うまでもありません。

皆さんご存知のユニクロのロゴは、
ハイセンスすぎず、
かといって安かろう悪かろうイメージは
みじんもなく、
適度ならしさを演出しています。

しかし、ビジュアル面もさることながら、
もっと大切でわかりやすいのが、
言葉によるブランドメッセージです。

下記は、一世を風靡した
採用コンサルティング会社ワイキューブ
さんの本からの引用です。

住宅メーカーのブランドメッセージ事例です。

▼普通の会社が自前でつくると、こうなりがちです。

「サーヒ?ス第一、信頼の住宅メーカーとして、
お客様の未来を創造します。」
     
▼しかし、優秀なプロがブランディングを意識して
 書くとこんな風に強く、魅力的になります。
         
「住 む は 、 人 か? 主 と書 く。?きょう、
と?れた?け人に尽くしたか。自覚せよ。
住 宅 の 責 任 と喜 ひ? は 、 50年 100年 続 く。」

いかがでしょうか?全く違いますね。

どっちに住宅建設を頼みたいと思いますか?
おそらく90%以上が後者でしょう。

大事ですねぇ、ブランドメッセージ。

それでは、今日はこの辺で。