• 折込チラシは死んだのか?
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.382バックナンバー 2019.11.12

こんにちは、山西です。
ラグビーの次が井上尚弥、
そしてその次が野球ですかね。
連日勝っているので、
野球も楽しみになって来ました。

さて、今日は折込チラシの話です。

私が郡山の戻り独立した頃、地元企業の

広告・販促の手法はほとんどが折込チラシで、

反応もそれなりにありました。

それが、いまはどうでしょう。

チラシ効果の減退はここ何年も言われ続けています。

テレビやネットなど他の媒体の登場や進化が

その原因であるかのように言われています。

それは、そうだと思いますが、本質的な原因は

他の所にあると見ています。

それは「今すぐ客」の減少です。

つまり、モノやサービスが行き渡り、

チラシを見て「待ってました!」と

すぐに動くお客が

減ってしまっているのです。

今や、チラシは行動させるメディアではなく、

記憶に残すためのメディアになったのです。

当然、作り方やチラシに載せる情報の内容も

変えないといけなくなってます。

こういう、本質的な変化に対応することが

マーケティングではとても大切です。

さぁ、あなたの会社のチラシを見直して見ましょう。

それでは、今日はこのへんで。