• これができないとヤバイですよ。
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.370バックナンバー 2019.07.18

ブランディングは一般的に、お客様の認識を
下記のように変化させることです。

認知(まずは存在を知って貰う。)
 ↓
理解(次にどういう会社・商品なのか?知って貰う)
 ↓
信頼(購入体験・接触などを通じて信頼して貰う)
 ↓
好意(信頼を積み上げ、さらに信頼され好意を持ってもらう)
 ↓
ファン(好意を積み重ね、ファンになってもらい紹介を頂く)

まずは、知って貰うことです。
そして、その方とのコミュニケーションルートを作ることです。

不特定多数なのか、特定少数なのかにより、
知って貰う方法は様々です。

不特定多数であれば、TVCMとか新聞広告とか
マスメディアの利用が一般的ですね。
特定少数であれば、業界向け雑誌広告とか、選ばれたリストを
使ったDM等が考えられます。

いずれも、従量制で費用がかかるので中小企業にとっては大変です。

その点、見逃がせないのはホームページです。
まぁ、見に来て貰うためには少し手間と費用がかかりますが、
他の方法と比べたら格安です。
また、伝える情報の量に制限がないところがいいところです。

ホームページを使ってどうするか?
非常に重要な戦略です。一度真剣に考えて見てください。




それでは、今日はこのへんで。