• 短所をさらけ出す!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.362バックナンバー 2019.05.09

広告におけるコミュニケーションは、
ブランディングの発信でもあります。
「売り」のアピールはもとより、その企業の
理念や哲学、ビジョンなど背景を伺わせます。

そういう観点から言うと、
売らんかな主義で、なりふりかまわない姿勢は
問題があります。自分にとって都合のいいこと
ばかりを並べ立てるのは得策とは言えません。

広告の基本は、
自分の所の商品の「売り」をアピールすること。
それは確かにそうなんですけれど、

時には、短所を正直に言う。
短所を先に言ってしまうことが必要です。

そうすることで、ごまかさない、
ウソをつかないことが評価され、
社格(会社の人格のようなもの)を上げます。

そういうことで、語る長所を
信じて貰えるようになります。

あらゆる事が調べられたり、
語られたりするネット社会では、
正直であることが求められます。

たまには正直に自分の短所をさらけ出しましょう。


さて、今日はこの辺で。