• ブランディングは簡単です。
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.354バックナンバー 2019.04.10

ブランディングは難しそうだけど,
実際は簡単・シンプル。

●まず、自社の売り物の特徴・強み・他社より
優れている点を関与者全員でディスカッション
して明確にする。
これを「ブランドコンセプト」の明確化といいます。

●次に、その「ブランドコンセプト」を、
名刺裏やパンフやホームページに展開する
「ブランドメッセージ」を作ります。
所謂こぴーですね。
文章の長さにより、3パターンぐらい作って
おいたほうがいいでしょうね。

●そして、上記のメッセージを言っている
主体に相応しい見え方を形つくる。
(主にロゴやマーク、イメージカラー
等デザイン的な要素のモノ)をまとめ
マニュアルにする。
デザインに特に問題がない場合は、展開の
マニュアルだけをまとめるという考えもあります。

ここまでがブランディングの第一次段階です。

弊社の事例として果汁工房果琳さんの場合、
フルーツ分化の創造を標榜し、厳選された果物を
作り置きしないで絞りたてだし、種類も多い。
このことを差別化要因とし、このコンセプトを
まとめた文章(ブランドメッセージ)を店舗に貼りだし、
HP他あらゆる機会にアピールし、果物をカットし、
果汁がこぼれ落ちるマークで展開しました。
ブランディング導入後、200店舗を超えました。

ブランディングは特効薬です。


さて、今日はこの辺で。