• メモを変えるだけで会社が変わる!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.338バックナンバー 2018.10.17

いやー、昨夜のサッカーは面白かったですね。
あんなに痛快な勝利は久しぶりです。
若者の活躍は嬉しいモノです。

今日はいつものSNSやブランディング・
マーケティングのテーマを離れて
ビジネスハックがテーマです。

ハックとはこういう意味です。
「確かな技術に支えられた気の利いた手段で、
より簡単に、より効率よく、より快適に、
仕事の質や生産性を高めるようなテクニック」

みなさんメモを書いてますよね?
メモと一口に言ってもほとんどの方が
商談等の打ち合わせメモだと思います。

ほとんどの方が時間経過にそって
打ち合わせ内容を書き連ねる。
せいぜい強調のための
マークやアンダーラインを利用する。
そんな感じだと思います。

ここからが最近読んだ本からの
お裾分けです。

一言でいうと次のアクションに
つながるメモの取り方です。

簡単です。

A4程度の大きさのノート。
まず上部に見開きでスペースを取り、
そこに打ち合わせ日時・タイトルなどを。

次に見開き左頁を打ち合わせ内容を
記入欄として使用。つまり事実を書きます。

次、右頁の半分に縦線を引き、
右頁の左半分に、
疑問・着眼等解釈を書き、
右頁の右半分に、
解釈にもとづく行動を書きます。

我が社であればこんなかんじですかね。
左頁に事実を。
「弊社の歴史は50年前から始まります。(先方)」
次、解釈。
「周年イベントはどうだろう!」
「周年記念WEBサイトの開設はどうだろう?」
次、行動です。
10日ぐらいで周年イベント・WEB
サイト企画をまとめて、提案しよう!

漠然としてたアイデアと提案構想が
ロジカルにクリアになり、
次のアクションを促します。

ノートを3分割し、
事実→解釈→行動を明確にすることで
結果が違ってきます。
営業マンの動きも変わるでしょう。

是非、お試しください。
参考にした本はお問い合わせください。

さて、今日はこの辺で。