• 無料、社内勉強会!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.331バックナンバー 2018.08.29

いやぁ、アジア大会日本頑張ってますね。
今回はあらためてバドミントンの面白さに
気づかされました。

さて、今日はリ・ブランディングの話です。
10年前にブランディングを行ったクライアント
からリ・ブランディングを頼まれました。

10年前のコンセプトにインパクトが薄れた。
展開の現場に混乱・誤解が生じていること
などが、理由です。

多分、一年ぐらいの期間。
一緒につくるプロジェクトスタイルが
求められています。

いつになってもブランディングは
モノではなく心です。
しかしこの心がやっかいです。
結論として当たり前になりやすいからです。

例えば「最先端」が新しいコンセプトとして、
わかりやすくすればするほど、当たり前の
表現になります。

Apple(アップル)のスティーブ・ジョブズは、
デザイン思考(デザインシンキング)と
経営の視点で、つまりデザイン マネジメントを
導入して市場ポジショニングを確立し、
Apple(アップル)独自の世界観でファンを増
やしてきました。

このようにビジョンを明確にし、
象徴的なフレーズやビジュアルを
打ち出せるかが成功の鍵になります。

熟考して新しいコンセプトをひねり出しても
表現が当たり前では届きません。

くどいぐらいのフレーズとビジュアルの
露出が必要になります。

こんなときSNSの役割は重要です。
単にコスト面では無く、量的な問題でも無く、
多層に渡る周到な設計が必要になります。

いずれにしてもリ・ブランディング。
ご相談下さい。まずは、
社内でも勉強会から始めませんか?
資料代一人1,000円で開催します。

興味のある方はこのメルマガにご返事下さい。

さて、今日はこの辺で。