• 社長最大の悩みを一挙に解決!!
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.312バックナンバー 2018.04.19

多くの企業さんで、
新規営業、BtoCの企業さんでは
新規客の獲得に苦心されていると思います。

事業とは市場の創造であると喝破したのは、
ドラッカーだったかトフラーだったか?
うろ覚えで済みません。

いずれにしてもその通りであり、
世の経営者の悩みの多くが新規営業です。

一般的に言えば
新規営業とは、
ステップ1:見込み客を集める(会う)
ステップ2:見込み客との関係性を構築する。
ステップ3:セールスする。
と言えます。

このステップ2の関係性の構築の方法が
SNSの台頭により大きく変わっています。

昔ならばとにかく訪問して会う、
一献傾ける、いろいろ話す、
芝刈りをする…………
等の方法しかありませんでした。

それが今は、PCでもスマホでも
SNSである程度出来るようになりました。

単純に見込み客のFBにいいね!
するだけでも
いいのですが、それだけでは寂しい。

関係性の構築を
もう少し深く理解する
必要があります。

関係性の構築のベースは、
相互学習・相互理解です。
自分のことを良く知って貰う。
相手のことを学習し、良く理解する。
これらを理の関係構築言う人がいます。

他方、情の関係構築という
ものもあります。
自分が美味しいと思ったモノを
教えてあげたり、場合によっては
プレゼントしたり、
相手が好きな歌手のコンサート
チケットを手配してあげたり、
要は感情的にアピールすることです。

このふたつ両方必要です。
理の関係だけでもダイレクト過ぎますし、
情の関係が多くなりすぎると、
煩わしいと思われます。

理:情=70%:30%位が
良いのかも知れません。

いずれにしてもSNSは
ステップ2:見込み客との関係性を構築する。
フェイズにおいて、
大きな働きをするに違いありません。

担当者を決め、方法論としての
活用パターンを決めれば後は
ある程度自動化が可能です。

無料で相談にのります。
どうぞお気軽にご相談下さい。
お申し込みはyamanisi@f-l-e-x.co.jpまで。

今日はこの辺で。