• 専門業者の間違えない選び方
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.265バックナンバー 2016.11.17

みなさんこんにちは。山西です。

前号の枕に続き、腰痛の話です。

山西の第2のねぐら「浦和関前のマンション」に

整体院のチラシが投げ込まれていました。

「通常8,000円の所980円!」という強烈なオファー

デザインはと言うと素人なんだけれど、

このオファー作り方と表現方法(かなり大きい殴り書きの筆文字)

にはなんとなく、神田昌典氏の教えの一部が組み込まれている……?

普段こういうものにはまず反応しないのだけれど、

●集客の効果はどの位だったのか?
●神田昌典氏の教えから生まれたチラシなのかどうか?
●くわの接骨院に満足しているけど、セカンドオピニオンを聞いてみたい。

ざっと3つの理由で、予約をとり行ってみた。

具体的な数字はわからないが反応はかなりあったとのこと。

行ってみたらビルの5階、看板等は全く目立たない。他所から移転して3ヶ月。

強烈オファーのチラシも宜なるかな。

専門家に頼んだと言うことなので、神田昌典氏の影響はあるようだ。

やはり型が確立している方法は強い。

セカンドオピニオンについては、今かなり満足しているくわの接骨院とは

かなり違う。くわのは腰痛の原因は体の歪みと言い、行った所は

体の硬さと言う。施術も桑野はソフト、浦和のそこはかなり痛い。

終わった後感じたのは、この強烈なチラシを巻かなければいけないほど、

繁盛していない=上手ではない。なのではないか?

翌日も翌々日も特に快方にに向かう兆しなく、くわの接骨院の圧勝。


学び:先人の知恵に学ぶことは大切なことだ。
   余程自信が無い限り、強烈なオファーは逆効果。
   身近なところで、体験として学ぶことの重要性。
   原因の分析が適切じゃないと打ち手も間違う。


以上、腰痛をきっかけにしてこんなことを学びました。

なんでも良いと思います。是非セカンドオピニオンを!
(発注前に複数社にオリエンして意見を聞く)←大事です。

さっ、今日はこの辺で!