• リンゴのたとえがわかりやすい?
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.239バックナンバー 2016.03.03

こんにちは、フレックス山西です。
またちょっと寒い日が続いてますね。
さぁ、今日も頑張って参りましょう。

「ぶっとばす。
立ちあがれないほどに、ぶっとばすから、
覚悟して欲しい。」

という刺激的な書き出しで始まる、
あの神田昌典さんの新刊「稼ぐ言葉の法則」を読み始めました。

神田さんは、顧客獲得実践会では様々な教えを頂き、
また、各種セミナーにも参加し、パートナーコンサルタントの
資格も頂いています。言わば、私のメンターです。

そんな、神田さんの新刊に、あのリンゴの話が………。

私のブランディングのセミナーを受講された方は、
記憶して頂いていると思いますが、

3つのリンゴが並び、簡単な説明をつけただけでは、
明確な判断基準がなく、結果的に価格だけで
判断してしますことになる。これが、ブランディングが
必要になる背景だ。と、私は説明しています。

神田さんの本には、さすがにブランディングという
言葉は使われていませんが、
自社の商品を選択して買って頂くには、
商品特徴をしっかりと伝える重要性が書かれています。

基本的な考えは全く同じです。

ブランディングとは他社との違いを明確にすること。

そんな、知見を神田さんもリンゴを使って説明したことに
ちょっぴり嬉しくなった3月の始まりです。

それでは、今日はこの辺で!


3年ぶりにブログを再開しました。
よかったらこちらも読んでみてください。
flexnet.exblog.jp