• 失敗からの学び上手になりましょう。
  • メルマガ FLEX JAM+E Vol.231バックナンバー 2015.12.00

まずはお知らせです。
明日ベストファーム様と共催セミナーを開きます。
ベストファーム様は助成金・補助金の申請がテーマ。
私はブランディングです。
残席まだあります。是非お出かけください。
詳細とお申し込みはこちらから。
http://www.f-l-e-x.co.jp/whats-new/popup/sm001.html

さて、本題です。
今日は無印良品からの学びです。

無印良品が海外に進出してから24年。
その間、26の国や地域に進出し、301店舗を出店。
その海外進出は目覚ましいモノがあります。

しかし、無印良品の海外展開には失敗の歴史があります。
いまの状況にたどり着くまでには長い道のりがあり、
無数の失敗を重ねてきたのです。

そうして負け続けた経験は、
何物にも代えがたい“財産”になっているそうです。
「こうすれば負ける」という知見は、
実際に実行しなければ得られないものですね。

一方、負けパターンを重ねることで、
そこからある種の勝ちパターンが
見つかることもありますよね。

「こうすれば負ける」という知見。
倒れては元も子もありませんが、ギリギリの学びですね。

私も起業してから35年。
確かに、上手くいったことより失敗から学んだ
コトの方が遙かに多く、また実になっています。

失敗も成功も行動から生まれます。

不安定な時期ですから、
一か八かの大勝負はいけませんが、
新しいコトにチャレンジしないで、
座して待つことはいけないことだと思います。

さぁ、あなたはこの変革の時代。
どんなチャレンジをしますか?

※参考資料:東洋経済オンラインから(11月16日)
脱常識!なぜ無印良品は世界で売れるのか?


最後までお読みいただきありがとうございました。